iPad Pro 2018モデル専用 6in1 USB-C Hub

嵌めたのにiPad ProとHUBの間に隙間ができてしまいます。


HUBをiPad Proに装着する際は、カチッと音がするまで押してください。
押し込むときに力が多少かかります。

もし、上記方法をお試し頂いても改善されない場合は、一度iPad Proを再起動して見て下さい。
再起動することで改善されることがございます。”

HUBがガラスフィルムに干渉してしまい、装着できません。

同梱されているフィルム併用ジョイント「Use WITH Screen Protector」に付け替える事で厚みのあるガラスフィルムを装着した状態でもご利用いただけますのでお試しください。

オーディオジャックにヘッドホンを繋いでも音が出ません。

下記手順にて再度お試しください。

1.HUB本体をiPad Proに装着します。
2.イヤホンジャックにイヤホンをしっかり奥まで装着します。

※イヤホンジャックにイヤホンを装着した際、少しでも浮いている状態では、イヤホンが認識されません。
  必ずしっかり奥まで刺さっていないと音声はiPad Proから出てしまいます。

もし、上記方法をお試し頂いても改善されない場合は、一度iPad Proを再起動して見て下さい。
再起動することで改善されることがございます。

HUBにイヤホンを繋げた際にiPad Pro側で音量を一番小さくしても 音が大きく聞えます。

個人差はございますが、確かに通常より音が大きく聞えます。
こちらはiPad Proの仕様によるものなので音量をこれ以上下げることは難しいです。
予めご了承ください。

iPad Proからモニターに映像を映し出せますか?

HUB本体にHDMIポートがございますので、HDMIポートにHDMIケーブルを接続して頂くとご利用できます。

※受信側(モニター側)にもHDMIポートが必要になります。

iPad ProからUSBメモリやSDカードにデータを書き出せますか?

iOSの仕様により対応しておりません。

画像・動画以外にもデータを読み込むことはできますか?

iOSの仕様により、画像・動画以外のデータは読み込むことができません。

画像や動画ファイルが読み込まれません。(表示方法が分からない)

画像の読み込みをご確認する方法が、iPad OSのバージョンによって動作が異なりますため、下記にご案内をさせて頂きます。

なお、最初にiPad Proを再起動してからHUB本体をiPad Proに繋ぎ直してからご確認下さい。

■iPadOS12よりも前のバージョン

USBメモリやSDカードから画像・動画ファイルを読み込ませる場合、事前にUSBメモリやSDカード内に「DCIMフォルダ」を作成して、「DCIMフォルダ」の中にデータを保存しておく必要がございます。

iOSの仕様により、USBメモリやSDカードの中に「「DCIMフォルダ」が存在しないとデータを読み込む事ができないようです。

「DCIM」フォルダの作成方法の資料を添付させて頂きましたため、こちらの内容に沿って、フォルダを作成頂き、画像・動画ファイルが読み込まれるかをご確認頂ければと存じます。

なお、USBメモリやSDカードにDCIMフォルダを作成するのはiPad Pro上では行えません。
別途パソコンで作業頂く必要がございます。

※資料の保存場所※

■iPadOS13以降

USBメモリやSDカードから画像・動画ファイルを読み込ませる場合、TOP画面上には表示がされません。

読み込まれたデータは「写真」と「ファイル」を開いて頂くとご確認することができます。

返品・返金を希望します。(ロア以外から購入)

今回返品をご希望という事ですが、大変恐縮ですが、お客様と弊社にて商品の売買を直接行っておりませんため、弊社にてご対応させて頂けるのは検証・交換のみとなります。
予めご了承くださいませ。

返品につきましては、ご購入店舗様の規約に基づきますため、お手数ですが、ご購入された店舗(小売店・家電量販店・ネットショップ等)へお問合せ頂く必要がございます。

何卒よろしくお願い致します。