バックアップされたデータが200件しか表示されません。

バックアップされたデータはHyper+Cubeで使用しているメディア内のフォルダに保存されます。
そのフォルダを閲覧する際の表示の上限は200件までとなっており、最下部までスクロールして頂くと残りの分が読み込まれる仕組みになります。